スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

やんばるに覆われる辺戸岬を潜る

北部

本部半島よりさらに北、大宜味村から最北端の辺戸岬にかけてが北部エリア。那覇から名護まで高速道路を利用して約2時間、さらに辺戸岬までは1〜2時間程度。ダイビングスポットは、本部半島の付け根に位置し体験ダイビングなどが盛んな古宇利島(写真)をはじめ、水中鍾乳洞などワイルドなスポットが多い辺戸岬周辺まで、西海岸に点在。

ここがオススメ!

古宇利島や奥間は、同エリアに位置するダイビングサービスがツアーを行なっているほか、「USSエモンズ」や辺戸岬へは、那覇や浦添・宜野湾・北谷周辺、読谷・恩納など、各エリアから遠征を行なうサービスを利用。第二次世界大戦で沈んだ全長100mの米海軍掃海艇が沈む古宇利島の「USSエモンズ」や、水中鍾乳洞を潜ることができる「辺戸岬ドーム」など、中〜上級者向けのスポットも多い。ステイ先は名護周辺にホテルや民宿が集中しているほか、北部方面にもちらほら。

海の情報

生物の見どころ

沖縄本島北端の辺戸岬周辺は潮当たりが良く、イソマグロなどの大型回遊魚が見られることもある。

ダイビング情報

ダイビングスポット概要

水中鍾乳洞を潜ることができる「辺戸岬ドーム」は北部の代表的スポット。横穴の先にエアドームがあり、天井から鍾乳石が下がる神秘的な光景が楽しめる。

ダイビングスタイル

沖縄本島北端の辺戸岬を潜る場合は、奥間桟橋や辺戸名漁港まで車で移動し、そこからボートでポイントに潜るのが一般的。ランチは船上で取ることもあるし、一度港に戻ることもある。ドリフトダイビングで潜ることが多い。

フォト派向け情報

水中鍾乳洞、大型回遊魚、アケボノハゼなどの人気マクロ生物と被写体には困らない。ただし、流れも強く上級者向けのポイントがメインなので、無減圧潜水時間や離散に注意して、安全第一に楽しもう。

ダイビングスキル

水深が深くときに激流となることもある北部エリアは中級〜上級者向けの海といわれる。フリー潜降、中性浮力スキル、残圧や無減圧潜水時間などの自己管理スキルは取得していること。

エントリー&エグジット

ボートエントリーがメイン。バックロールエントリーとなることが多い。

必携アイテム

地形を楽しむにはライトがあるといい。ダイブコンピュータは一人一台必携。万が一に備えてフロートやアラートなどを用意しておくとよい。

アフターダイビング

※北部エリアにはダイビングサービスがなく、各所からの遠征となる。辺戸岬などの観光スポットはあるが、アフターダイブの楽しみはステイ先によって他エリアの項目を参照。

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ