スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

ホワイトサンドに点在する根は生物の宝庫!

水納島

沖縄本島・本部からフェリーで15分ほどの場所にある水納島。周囲約4kmの小島は、上空から見た形からクロワッサンアイランドという愛称でも親しまれている。周囲を白砂のビーチに囲まれたマリンアクティビティの宝庫で、島周辺にはダイビングポイントも点在する。海中は白砂が明るく爽快で、本部にあるダイビングサービスも積極的に潜りに行く。

ここがオススメ!

全体的に最大水深18mくらいと浅めで、真っ白な砂地が広がる癒しスポットが多い。そこに小さな根が点在し、キンギョハナダイやケラマハナダイ、ヨスジフエダイなどが群れる様子がトロピカル! 人気のヤシャハゼも見られる。透明度が高い日には、日に照らされて自分の影が水底に写り、本当に空を飛んでいるかのような爽快感を味わえる。

海の情報

生物の見どころ

「水納島ヨスジ」の根では黄色が映えるヨスジフエダイの群れが見られる。春〜夏は砂地に点在する小さな根にスカシテンジクダイやキンメモドキが密集する。ガーデンイール、ハダカハオコゼ、ヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼなどもマクロ生物も豊富。

ダイビング情報

ポイント概要

主なポイントはビーチが広がる島の北東側に位置する。その多くが砂地に小さな根が点在する海中環境で、水深も10〜18m程度と浅め。あまり動かずに、ゆったりしたい、じっくりとフィッシュウォッチングや水中撮影を楽しみたいという人にとっては最高の海中ロケーション。

ダイビングスタイル

水納島周辺を潜るのは、島内にあるダイビングサービスと、沖縄本島・本部周辺にあるダイビングサービスがほとんど。いずれの場合も水納島周辺のポイントに潜る場合は100%ボートダイビング。定員10〜25名くらいの和船タイプのボートを使用しているサービスが多く、バックロールエントリーが基本。アンカリングスタイル。ランチは一度港に戻って取ることが多い。

フォト派へのワンポイント

水中撮影に最適な条件がそろう水納島周辺の海。ポイントではあまり移動しないスタイルなので、狙いを定めて納得がいくまでじっくりと撮影を楽しめる。マクロはもちろん、小さな根にキンギョハナダイやヨスジフエダイなどのカラフルな魚が密集するトロピカルなシーンは、ソーダブルーの海によく映えていて美しいので狙ってみよう。現地には水中撮影に詳しいガイドがいるので相談しながら楽しむこともできる。

ダイビングスキル

中性浮力スキルがしっかりと身に付いていれば、明るく透明度の高い海で、心地よい浮遊感に浸れる。

エントリー&エグジット

ボートによって異なるが、バックロールエントリーが基本。水納島でのダイビングはアンカリングスタイルなので、潜降やみみぬきに不安がある人は、ロープにつかまりながら潜降することができる。

必携アイテム

水中写真を楽しむのに適した海なので、カメラを持って入るとおもしろい。

アフターダイビング

水納島滞在の場合は、ダイビングの後はビーチでのんびりしたり、島をゆっくり散策して過ごそう。美しいサンセットを眺めるのもいい。島内にはコンビニもなければ夜遅くまで営業しているような居酒屋もない。夜は宿で食事を取り、一緒になったダイバーとお話をしたり、お酒を交わしたりしてのんびりと過ごす。※本部発の場合は沖縄本島・本部を参照

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ