スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

日本最大級のサンゴ礁に浮かぶ島

黒島

石垣島と西表島の間、東西約20km、南北約15kmに広がる広大なサンゴ礁・石西礁湖に浮かぶ黒島。全長13kmの小さなハート型の島で、平地が続く島内は見渡す限り牧草地が広がるのどかな雰囲気。沖縄を代表する美しい西の浜(ビーチ)があることでも知られている。ダイビングポイントは島の西側と北側に点在し、透明度の高い爽快な海中風景を誇る。石垣島のダイビングサービスが潜りに行くことも多いが、島内には数軒のダイビングサービスも存在し、のんびりとした陸上とともにストレスの少ないダイビングを楽しめる。

ここがオススメ!

白砂の海底に小さな根が点在する「黒島キンメの根」や「黒島テラピー」は、真っ白な砂地でのヒーリングダイブや根に生息する数多くのマクロ生物が見られる極上のポイント。ゆらゆら漂うだけでも気持ちがいいし、フィッシュウオッチングや水中撮影も存分に楽しめる。

海の情報

生物・固有種

真っ白な砂地に点在する小さな根には、6〜9月頃にびっしりとスカシテンジクダイやキンメモドキが群れ美しい。ハナヒゲウツボやハダカハオコゼ、エビ・カニなどの甲殻類など、マクロ生物も豊富。イソマグロやグルクンの群れが見られることもある。

ダイビング情報

ポイント概要

真っ白な砂地に小さな根が点在する「黒島テラピー」や「黒島キンメの根」、ドロップオフのダイナミックな地形を堪能できる「黒島V字ポイント」などが人気が高い。

ダイビングスタイル

ほぼ100%ボートダイビング。黒島発のダイビングの場合、1ダイブごとに港に戻るスタイルが基本。アンカリングによるダイビングとなる。

フォト派向け情報

マクロ生物が豊富で水中撮影が楽しいエリア。根に密集するスカシテンジクダイを狙って、太陽の光も意識した明るい写真が撮れる。

ダイビングスキル

中性浮力を取り、あおり足などのフィンワークも使って砂を巻き上げないように注意しよう。

エントリー&エグジット

ボートエントリーとなる。アンカリングスタイルが基本となるので、ロープにつかまりながら潜降や安全停止を行なえる。

必携アイテム

ダイブコンピュータは一人一台必携。万が一に備えてフロートやアラートなどのエマージェンシーグッズも用意しておきたい。

アフターダイビング

島内をのんびり散歩したり、西の浜でのんびりするなど、のどかな島時間を満喫しよう。島内には飲食店も数件あるので、おいしい食事も楽しめる。

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ