スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

西伊豆を代表する横綱ダイビングスポット!

大瀬崎

大瀬崎は、駿河湾に1kmほど突き出た小さな岬。西に富士山を臨み、海の間近であるにもかかわらず淡水が湧き出る神池や天然記念物のビャクシン樹林などの観光名所があり、夏場は海水浴客でもにぎわう。

ここがオススメ!

豊富なソフトコーラルやサクラダイの群泳という西伊豆らしい生物相と、少し沖に出れば水深1000mを超える駿河湾という立地条件のためか、珍しい深海生物やマンボウなど大物も出没する。
写真提供:
海の案内人ちびすけ
ラ・レイナ

海の情報

大瀬崎はこんな海

岸近くはゴロタ、沖に出ると砂地の斜面というシンプルな海底地形でナビゲーションが比較的容易。
岬に囲まれた「湾内」は風に強く、年間を通して穏やかな海況のためビギナーやデジカメ派に根強い人気。

ダイビング情報

大瀬崎のダイビングポイント概要

ビーチダイビングポイント=7
ボートダイビングポイント=2
ナイトダイビング=可(水・土日曜、祝日)
 19時~21時(4~9月)
 18時30分~20時30分(10月前半、3月)
 18時~20時(10月後半~2月)

ビーチダイビングポイントがメイン。
スポット内ならどこからでもエントリー可能なため、「ダイバー渋滞」がなくストレスフリー。
ダイビングポイントは、
1.年間を通して穏やかな「湾内」
2.曜日限定のスペシャルポイント「先端」
3.ソフトコーラル豊かな「外海」
の3つに大別され、ダイビングレベルや目的を問わず、あらゆるダイバーが楽しめる海。

大瀬崎のダイビングスタイル

1日2~3ダイブが一般的。
ランチはダイビングサービスや宿が手配するお弁当や併設された食堂で食べるのが一般的。
エントリーまでに砂砂利やゴロタの上を歩くので、底のしっかりしたブーツを着用する。
外海スポットへは、ダイビングサービスや宿に設置された台車に器財や撮影機材を積み、徒歩で移動するとよい。
沼津方面からボートで潜りに来るダイビングサービスの場合、2ダイブ後に沼津まで戻ってランチにするケースもある(ラ・レイナなど)。

大瀬崎でのフォト派ダイバー向け情報

ビーチエントリーがメインのため、撮影機材はコンパクトにまとめておきたい。
外海ポイントは陸側にゴロタが続いているので、エグジット場所はスロープの近くなどに調整して上がろう。

大瀬崎に必要なダイビングスキル

Cカード講習にも使われる「湾内」はビギナーから十分に潜れるが、「先端」などは急深となり潮が流れることもあり、中級ダイバー以上が望ましい。
全体にエントリーまでの足場があまりよくないので、EN・EX時に転ばないよう注意が必要。

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ