スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

ボートONLY、西伊豆最強の豪快エリア!

田子

田子は西伊豆のほぼ中央に位置し、静かで穏やかな漁村。複雑に入り組んだ湾の奥に港があるため風に強く、外海が荒れても穏やかなことが多い。

ここがオススメ!

ダイビングポイントはボートだけで10カ所以上あり、ビギナーから上級者までレベルに合わせたポイント選びができる。
海の内容も素晴らしい。魚影の濃さは伊豆随一、多彩な地形ポイントもあって生物豊富。
ワイドからマクロまでバリエーション豊かな海中景観を楽しめる。

写真:田子ダイビングセンターより

海の情報

田子はこんな海

田子は伊豆随一のダイビングポイント数を誇り、大きく弁天島と尊之島にラインを引いた陸側の“内海”と外洋側の“外海”に分けられる。
島々が天然の防波堤となる内海は穏やかな景観が広がり、ビギナーでも安心して楽しめる。
外海は魚群が渦巻く「沖のフト根」をはじめ、複雑な地形が魅力の「沖ノ島」などワイルドな景観と魚群が魅力。
一方、内海には枝状サンゴの群落が見事な「白崎」や白砂が美しい「弁天島」などがある。

ダイビング情報

田子のダイビングスポット概要

ビーチダイビングポイント=1
ボートダイビングポイント=12
ナイトダイビング=可
制限は特になく、一年中ナイトダイビングOK。
年越しナイトダイビングもある。

田子のダイビングスタイル

ほぼ100%ボートダイビングで、出船時間は特に決まっておらず、ゲストのリクエストに応じて柔軟に対応OK。
午前中に1~2ダイブ、午後1ダイブという1日2~3ダイブが基本スタイル。
最大は午前2ダイブ+午後2ダイブ(1ダイブ+ナイト)の4本となる。
ランチは港や施設に戻ってとる。

写真:田子シーランド

田子でのフォト派ダイバー向け情報

フォト派ダイバーが多数訪れるため、各サービスではカメラ専用の水槽などを用意しているところが多い。
また、EN・EX時にはスタッフや船頭さんがカメラの受け渡しをしてくれる。

田子に必要なダイビングスキル

すべてボートダイビングではあるが、体験ダイビングができる浅くて穏やかなポイントもあり、ビギナーでも特に問題はない。
ただ、水深のあるポイントや流れが強くなることもあり、田子の魅力を安全に思い切り味わうのであればアドバンスクラスのランクを取得してからのほうが望ましいだろう。

田子のアフターダイビング

田子の周辺には温泉がいっぱい。
オススメは駿河湾の夕日を見られる沢田公園露天風呂、川のせせらぎが聞こえるせせらぎの湯など。
ゴージャスに行きたいときは、豪華ホテルの日帰り入浴もあり。

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ