スキューバ ダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

「~したい!」でさがす、ショップ・サービス・ダイビングスポット&ツアー情報 ダイビングナビ

フィッシュウオッチング発祥のスーパービーチ!

伊豆海洋公園(IOP)

風光明媚な観光地として知られた城ヶ崎海岸。ここに伊豆海洋公園(I.O.P=Izu Oceanic Park)がオープンしたのは1964年。伊豆半島だけではなく日本全国でも有数の歴史あるダイビングエリアだ。現地施設となる《伊豆海洋公園ダイビングセンター》はシャワーやレクチャールームなど施設が充実し、園内の花壇や温室には四季折々の花が咲く。

ここがオススメ!

伊豆海洋公園は、魚類学に造詣が深い故・益田一氏のもと、日本のフィッシュウオッチング発祥の地として知られている。
ここで育った多くのガイドやダイバー、水中カメラマンが日本各地や海外で活躍しているのだが、ここ東伊豆にも実力派ガイドとサービスが目白押し。
彼らのガイドで潜ると、生物探しや写真の腕も自然とUPする。

写真:伊豆海洋公園ダイビングセンターより

海の情報

伊豆海洋公園はこんな海

最強のビーチポイントが魅力。
幅約700mと広大なため様々なコース取りが可能で、岩礁や砂地など水中環境も様々、巨大な根が何本も連なりビーチとは思えない豪快な地形もあり、ダイブサイトのバリエーションが豊富なこと他に類を見ない。
ベテランをも満足させる多様な生き物が、四季折々で見られるという希有な海。

最新の海況や生物情報は、このページで確認できる。
POINT MAP | 伊豆海洋公園ダイビングセンター

ダイビング情報

伊豆海洋公園のダイビングスポット概要

伊豆海洋公園には、全長が約700mという広大なビーチポイントが1つだけしかない。
しかし、あまりにも広大なため、点在する根や魚礁などをそれぞれ1ポイントとしている。
「5番の根」など遠方のポイントは、水中スクーターやボートを使うこともある。

ビーチダイビングポイント=6
ボートダイビングポイント=0
ナイトダイビング=不可

詳細は伊豆海洋公園(IOP)のダイビングショップ&ポイントマップのページを参照。

写真提供:RIZEダイビングサービス

伊豆海洋公園のダイビングスタイル

1日2~3本が基本で、初夏から晩夏のベストシーズンには、1日4ダイブする現地サービスも多い。
ランチは1ダイブごとに戻って現地施設内でとることが多いが、状況に応じて1日海に出っぱなしでボート上で食べるというサービスもある。

伊豆海洋公園でのフォト派ダイバー向け情報

ダイバーのための施設が充実しており、カメラ機材やダイビング器財の洗い場なども広く、使いやすい。

写真提供:RIZE(ライズ)ダイビングサービス

伊豆海洋公園に必要なダイビングスキル

中性浮力やフリー潜降などが要求される中・上級者向きポイントもあるが、レベルに応じてポイントを選べば特に問題はない。
ただし、ビギナーは特に残圧チェックに注意。
ビーチポイント群はエントリー・エグジット口が1カ所で非常に広い。
残圧チェックは小まめに行なおう。

伊豆海洋公園のアフターダイビング

温泉なら立ち寄り温泉 伊豆高原の湯がオススメ(女子にはウレシイ泥風呂あり)。
または足湯のあるかえる家など。

食事処ならよろずや清兵衛がオススメ。地物のアジを使ったあじ丼は他で食べられない一品。

手軽に行ける観光地としては、城ケ崎の吊り橋など。

このスポットのショップ&サービス

ページトップへ